アンリミティッド レギュレーション

(2019年改定版)

使用できるエアガンのパワー規定

6mm:『ASGK簡易弾速器』で4枚目まで(約0.8J )
8mm:『ASGK簡易弾速器』で5枚目まで(約1.37J)
ジュニア部門は2015年より、JTSA会員の保護者同伴のもと、18歳以上用を対象としたセミオートエアガンを使用できることとなりました。

外部ソースに関する規定

銃本体、マガジンとレギュレーターとの接続が容易に脱着できないこと可変レギュレーターの場合は最高圧までのどの 圧力であっても、上記『パワー規定』の条件をクリアすること。
やむを得ず、銃本体、マガジンとレギュレーターとの接続 が容易に脱着できるものは、銃本体またはマガジン側に『安全弁』を設 けたうえで、万一高圧ガスと接続されてしまっても上記『パワー規定』 の条件をクリアする対策が必要。 レギュレーターを改造し たり、関係法令に触れるような物の使用は禁止。

大会中の注意

上記『パワー規定』のチェック後に、ガン、パワーソース、BB弾などの仕様を変更する事を禁止。

フルメタル・ハーフメタル禁止

当会のイベントでは、ハンドガン(拳銃タイプ)の主要部品を金属化したエアガン(フルメタル・ハーフメタルハンドガン)は使用できません。フレームやスライドの金属化は禁止、アウターバレルに関しては実際発射するBB弾口径以上の穴あけ(改造防止)加工があればOK

部門1について

オープン(OP)部門

  • 使用できるガンの種類:セミオートエアガン
  • 光学サイト:可
  • 外部ソース:可
  • サイズ制限:なし
  • カスタム制限:なし
  • マガジン長制限:なし
  • 弾数制限:なし
  • ホルスタ使用:必要
  • ホルスタ制限:なし
  • 体からグリップの位置制限:50mm

リミティッド(LM)部門

  • 使用できるガンの種類:セミオートエアガン
  • 光学サイト:不可(集光サイトは可)
  • 外部ソース:可
  • サイズ制限:なし
  • カスタム制限:なし
  • マガジン長制限:サイズ規定に順ずる
  • 弾数制限:なし
  • ホルスタ使用:必要
  • ホルスタ制限:なし
  • 体からグリップの位置制限:50mm

ロングガン(LG)部門

  • 使用できるガンの種類:肩付けの出来るセミオートエアガン
  • 光学サイト:可
  • 外部ソース:可
  • サイズ制限:全長60cm以上
  • カスタム制限:なし
  • ホルスタ使用:不要
  • マガジン長制限:なし
  • 弾数制限:なし
  • 特記:スタンバイポジションは、ストックを肩から外し、ウイークハンド保持で、45度ポジション。セイフティをかけ、グリップをベルト部につける。
    ストロングハンドの手首を肩のラインより上げる。
    スタート合図後、グリップ部をストロングハンドでつかむまで、銃を動かしてはならない。

リボルバー(RV)部門

  • 使用できるガンの種類:回転式シリンダを持つエアガン
  • 光学サイト:可
  • 外部ソース:可
  • サイズ制限:なし
  • カスタム制限:なし
  • 弾数制限:なし
  • ホルスタ使用:必要
  • ホルスタ制限:なし
  • 体からグリップの位置制限:50m

コンシールドキャリー(CC)部門

  • 使用できるガンの種類:銃を隠し持つスタイルでの、技術を競う。レースホルスタは禁止
  • 光学サイト:可(スライド搭載型のみ)
  • 外部ソース:可
  • サイズ制限:オリジナルの大きさを逸脱しない範囲
  • カスタム制限:なし
  • 弾数制限:なし
  • ホルスタ使用:必要
  • ホルスタ制限:レースホルスタは使用禁止、フルカバータイプを使用すること。収めた状態でトリガーが露出していないこと
  • ジャケット着用義務:上着を着用し一見して着用しているかわからないようにカバーする。
  • 禁止カスタム事項:銃身長の変更、ブローバック長の変更、キャリーハンドガンとしてふさわしくない加工(左手サムレストの追加等)

カウボーイ(CW)部門

  • 使用できるガンの種類:市販のシングルアクションリボルバーのエアガン(回転式シリンダをもつJCAST公認のシングルアクションリボルバー)
  • 光学サイト:不可
  • 外部ソース:可
  • サイズ制限:インナーバレルがアウターバレルの銃口面より飛び出してはならない。
  • カスタム制限:ジャパン・カウボーイ・アクティブ・シューティング(レギュレーション)
  • 弾数制限:なし
  • ホルスタ使用:必要
  • ホルスタ制限:袋状又は筒状のもの
  • 弾数及び複数丁の使用について:このクラスのみ、1丁目のガンが(6発)弾切れになった場合、2丁目を使用する事ができます。2丁目のガンは、JCASTの規定に基づく、クロスドローでの保持を認めます。 6発以上撃てるSAAの場合は、一丁のみで参加できますが、6発撃つごとにホルスター戻し、再度ドローすることで使用することができます。

マニュアルローダー(ML)部門

  • 使用できるガンの種類:次弾をマニュアルでロードするエアガン(ポンプ式、レバー式、ボルト式)
  • 光学サイト:可
  • 外部ソース:可
  • サイズ制限:なし
  • カスタム制限:なし
  • 弾数制限:なし
  • ホルスタ使用:不要
  • マガジン長制限:なし
  • 特記:スタンバイポジションは、ウイークハンド保持で、45度ポジション。セイフティをかけ、グリップをベルト部につける(推奨)、セイフティをかけない場合は、初弾を送り込まなければセイフティOFFでも良い。 ストロングハンドの手首を肩のラインより上げる。
    スタート合図後、グリップ部をストロングハンドでつかむまで、銃を動かしてはならない

 

部門2について

レディース(LD)部門
l_002

対象者:女性の競技者

ヤングガン(YG)部門
011

対象者:満19~29歳以下の競技者

ジュニア(JR)部門
l_211

使用できるガンの種類:18歳以上を対象としたセミオートエアガン
(JTSA会員の保護者同伴のもと参加すること)

対象者:~18歳未満の競技者

シニア(SR)部門

対象者:開催当日に50歳以上の競技者

スーパーシニア(SSR)部門

対象者:開催当日に65歳以上の競技者