法令の遵守への取り組み

CIMG0438rtg
エアガンと聞きますと、一時期話題になりました準空気銃などを

連想される方もいらっしゃるかもしれません。

2007年2月21日改正銃刀法施行により、エアガンのパワーは6mmBB弾の場合、0.989J以下です。これに違反すると1年以下の懲役または30万円以下の罰金刑に処されます。これを超えるパワーのエアガンは、銃刀法の改正で新たに定められた「準空気銃」という分類となり所持が禁止されています。

当協会では、競技を行う前に必ずエアガンのパワーを測定し、法律で認められているエアガンのみが参加できるという仕組みにしております。

尚、当協会の基準(レギュレーション)では、法律より低い6mm BB弾で0.8J以下”0.2gBB弾を使用した場合、初速約89m/S以下”という基準を採用しておりますので、ご参加の場合はご確認ください。また、ハンドガンのメタル化すなわちフレームやスライドの金属化は禁止、アウターバレルに関しては実際発射するBB弾口径以上の穴あけ(改造防止)加工があればOKとしておりますので、ご了承ください。

私達はトイガンを用いてスポーツとして楽しむために、トイガンの安全な取扱いに関するルール、マナーの啓蒙を行っています。